熱い展開とキャラが魅力のスラムダンクは電子書籍化をしてほしい漫画

basketball

私が面白いと思う漫画はスラムダンクで、名作と言われるだけあって、その面白さは別格です。

スラムダンク

バスケのルールをまったく知らない私でものめり込むことが出来たのは、やはり見せ方がうまいのだと思います。

試合の流れが分かりやすく、誰がどう動いているのかが一目で分かります。

漫画でありながらドリブルの音や観客の歓声が聞こえるような気がするほど演出がうまいのです。

キャラクターの個性と個々の物語がスラムダンクを支える面白さの1つ

試合展開の熱さも然ることながら、キャラクター一人一人の魅力の強さも面白さを支えている一つの要素です。

キャラに個性があるからこそ、熱いドラマが試合の度に展開されるのです。

味方キャラだけでなく敵側のキャラにも個性豊かで魅力的な面々が揃っているため、どちらを応援したらいいのか迷うこともよくありました。

栄光・挫折・復活を体験した主人公さながらの三井寿なくしてスラムダンクは語れない

主人公サイドなら私は三井寿が一番好きで、彼は中学時代はスター選手でありながら、高校入学当初の怪我が原因で不良になってしまった三井。

三井は当初主人公が所属するバスケ部を襲撃する不良集団として登場し、その襲撃の最中でバスケ部だった過去が明かされるのです。

そういった背景があるからこそ、味方になってからも不良だった過去を悔やむ傾向があり、そして中学時代を美化する傾向にもありました。

こういった背景が多くの名シーンを生み出していますし、三井の名シーンは正直な話、主人公の桜木よりも多く、私が好きなシーンにはほぼ三井が関わっています。

好きなキャラだからこそ、思い入れが強く三井の活躍シーンには心が震えたものです。

スラムダンクはまだ電子書籍化はされていませんが、何度読み返しても楽しめる素晴らしい漫画なので今後電子書籍化も実現してほしいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする