何度聴いても気持ちを前向きにしてくれるRising Sunは永遠の名曲

EXILEの数々のヒット曲の中で一番好きなのは、「Rising Sun」です。

「Rising Sun」を聞くと、とても気持ちが前向きになり、前奏が流れただけで気持ちが高揚してくるほど好きです。

この「Rising Sun」は、EXILEの通算37枚目となる2011年にリリースされたシングル曲です。

「Rising Sun」は東日本大震災の復興支援を目的にボーカルのATUSHIが作詞した曲で、印税はすべて日本赤十字社へ寄付され、EXILEの事務所は義援金やチャリティー商品の収益も併せると約6億円くらい寄付されています。

そういった思いのこもった曲なだけに、聞いている側としても、気持ちに熱い思いが湧きあがります。

うつ病を克服して頑張っているライジング岡村さんも印象的で感動した

テレビ番組のめちゃイケで、EXILEのライブにナイナイの岡村さんが参加する企画がありました。

その時のラストに、この「Rising Sun」が流れたのですが、そのダンスを踊っている岡村さんの姿がとても印象的でした。

岡村さん自身、うつ病とのことで、少しテレビを離れている期間があったようです。

そういった苦難を乗り越え、そのEXILEのライブで「Rising Sun」を踊っている姿を見て、頑張ってるなと思いました。

また、その岡村さんを盛り上げるような感じでEXILEメンバーも一緒に踊っているのを見て、とても感動しました。

「Rising Sun」は、人に勇気を与えてくれる曲だと思いますし、曲調も素晴らしいのですが、パフォーマンスも素晴らしくこの曲の振り付けはかなりハードです。

この曲に合わせてフルで踊るのは、かなりの体力を必要とするようです。

しかし、曲の最初から最後まで、全くブレルことなく踊り切るパフォーマーの方々も凄くさすがプロだなといつも思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする