格安SIMのメリットデメリット 安いでけで何か重大な問題とかはないの?

smartphone

最近テレビCMなどでもよく見かけるようになった格安SIMですが、どういった物なのか知らない人も多いと思いので、格安SIMのメリットやデメリットについてお伝えします。

まず格安SIMとは何かと言うと、ymobileやOCNモバイル、イオンのb-mobileなどが良く見かけられます。

格安SIMのメリットは大手3社と比べて圧倒的に安い月額料金

一般的なDOCOMOやAU、ソフトバンクといった大手三社に比べると圧倒的に利用料金が安いというメリットがあります。

大手三社の料金設定では月々5000円以上かかっているという人も多いと思いますが、この格安SIMなら契約内容は使い方にもよりますが概ね2000円以下に抑えることもできます。

月々の利用料が半額以下に抑えられるのは家計にとってとても優しいものとなります。

安いからには何かあるとお思いの方も多いようで、確かに大手三社と比べるとデメリットも存在します。

格安SIMは携帯電話の故障に関して保証なしがデメリット

具体的なデメリットとして、もし携帯電話が故障してしまったといった問題が発生しても格安SIMの会社は機種に関しては全く関与しないという点です。

大手三社ならショップに行けば修理や交換等の何かしらの対応はしてくれますが、格安SIM会社は原則としてSIMカードを販売しているのみとなります。

また大手三社は基本的に電話機能は付いてくるのが当たり前となっていますが、格安SIMは契約内容によっては電話が出来ないプランも存在します。

機種についてや契約内容については基本的に自己責任となる為、注意が必要です。

このようなデメリットはありますが、それを考慮してもメリットが優れている為、格安SIMに乗り換える人が続出しています。

もし携帯の買い替えや乗り換えを検討している人は格安SIMも候補に検討してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする